マカロンの挑戦と感謝の日々 〜インテリ筋肉の記録〜

マカロン記録 〜読書筋肉アップル製品〜

もうすぐアラサーな元マトリのサラリーマン薬剤師が本を読んだり走ったり薬物について語ったり。

【本紹介】7つの習慣(前編)

みなさんこんばんは。マカロンです。

ミロの溶けきってないつぶつぶ感って地味に美味しいですよね。

 

今回は自己啓発本のド定番。

吹奏楽で言うならエル・クンバンチェロくらいのド定番の本

 

7つの習慣」です。

 

 私ですらこの本は、ペラペラと読み返したいがために紙で買っています。

先日、このブログを書くために貸していた友達から返してもらいました。

紙の本はね、貸し借りできるのは数少ないメリットですね。

その間読めなかったのはデメリットですが。

 

タイトルの通り、習慣は7つ紹介されています。

ですが、正直最初の3つで十分です。

 

後半の4つは上級者向けすぎて、なかなかたどり着ける人はいないと思います。

最初の3つだけでもしっかり取り入れるのは難しいです。

後半の4つは更にレベルが違います。

膝コロと立ちコロくらいの差があります。

 

いきなり7つはきついので、今回は最初の3つを紹介します。

なのでブログタイトルを(前編)とさせていただきました。

 

ではさっそくいってみましょう。

 

習慣の目的

 

この本の目的は

依存からの脱却』です。

人には三つのステージがあります。

それは「依存」「自立」「相互依存」です。

 

実際はほとんどの人が最低ランクの「依存」の段階にいます。

なので、「自立」にステージを進めるだけでも日々がかなり充実します。

 

この本の後半は「相互依存」へのステージの進め方です。

簡単に相互依存について説明すると、

「人のことも自分のことと思い、win-winの関係を築けるように頑張りましょう」

という感じです。

 

かなり高度なので、まずは他人に依存しない自立を目指します。

 

自立とはつまり、「自責思考」です。

他人のせいにするのではなく、今の自分があるのは全て自分の選択の上に成り立っていると考えることです。

 

人がミスをしたら、

「彼がミスをしないための仕組みづくりが甘かったのではないか。自分にできることはなかったのか」

と、他人のせいなど存在しないと考えることです。

 

他人のせいにしないから、仕事が忙しくて自分の時間取れないなんて言い訳もしません。どうやったら自分の時間を作れるのか。自分の影響を与えられる範囲で工夫しようとします。

 

私が毎朝4時に起きて、

ランニング

TOEICやプログラミングの勉強

タイピング練習

筋トレ

などを行えているのも、自分の時間は自分で作る、守る。

仕事などの外的要因に影響はさせないという強い「自責」の念を持っているからです。

 

最初の3つの習慣だけでも知れば、十分に自分軸で日々を生きることが可能になります。

 

では、習慣の紹介です。

第一の習慣:主体的である

 

これが基本となる考え方です。上記でも少し触れました。

主体的。つまり、

「自分の人生で起きたことは、全て自分の責任と思え」という姿勢です。

 

仕事でミスをした時。誰かがミスをした時。恋人と別れた時。

人はつい他人のせいにしてしまいがちです。

しかし、自分の身に起きた結果は、全て自分の人生の積み重ねの先にあります。

何が起きても、「自分で選んだことだから」と考えることができれば、自分の人生を歩むことができます。

 

残業が多くて自分の時間が取れない。

そういう人多いですよね。

なんで自分の時間がほしいのに残業するのか。結局殆どは同調圧力と思考の停止です。

 

早く終わらせる工夫を考える。周りを気にせず早く帰る。転職する。

選択肢は無数にあるのに、面倒臭がって動かない。

 

それは自分の人生を歩んでいると言えるでしょうか。

 

まずは何でもいいですから、一歩主体的に踏み出してみませんか。

意外となんとかなるもんです。

 

第二の習慣:終わりを思い描くことから始める

 

著者は

「自分の葬式をイメージしろ」と語っています。

自分の葬式で、参列者はあなたのことをどう語っているでしょうか。

 

「死」は極端ではありますが、自分の理想の人生を生きるためには、究極的に葬式を思い描いて、「マカロンって〜〜な人だったよね」

と、どう語られたいのかを考えて自分の軸にすべきです。

 

人生単位でなく、仕事でも同じです。

どんなプロジェクトにしたいのか。

3年後にどう有りたいのか。

 

長いゴールでも短いゴールでも、具体的に設定すれば道中何があってもブレることは有りません。

 

終わりを思い描くことを、もう少し具体的に言い換えると、

「具体的な目的を設定しろ」

ということです。

 

目的が具体的であればあるほど、達成手段も具体的になります。

 

「料理したい」

では、朝ごはんにふさわしいものなのか、おやつなのか、それともコース料理なのか。

何から初めていいのかわかりません。

 

しかし、「チャーハン作りたい」と目標物が具体的ならば、

米を炊いて、卵を溶いて、鉄鍋に油を敷いて〜

と、目標達成手段の解像度がグンと上がります。

 

ですので、常に何かを実行するときには、より具体的なビジョンを思い描いてから取り組むようにしてみましょう。

 

第三の習慣:最優先事項を優先する

 

私は、この習慣こそが私の日々の生活を充実させてくれていると思っています。

 

シンプルです。故に難しいです。

みなさん、やりたいことは何かしらあるかと思います。

漫画を読むでもモンハンをやるでもなんでもいいです。

 

しかし、十全にやりたいことをできていますか?

 

急な用事が入ったり、仕事が入ったり、活きていると何かしらの緊急のタスクが舞い込みます。

そういったイレギュラーに振り回されず、自分の人生に集中するための習慣が、この第三の習慣です。

 

物事には緊急度重要度の2つの軸があります。

自分のタスクを全てこの2軸のなかで整理しろと著者は言っています。

つまり

・緊急度も重要度も高いもの(第一領域)

・緊急度は低いが、重要度は高いもの(第二領域)

・緊急度は高いが、重要度は低いもの(第三領域)

・緊急度も重要度も低いもの(第四領域)

ですね。

 

第一領域は当然やらなければいけません。

急患が来ました!とか、そういうレベルの話ですね。

しかし、これの比率が高まると、ストレスが高まり火消しに奔走する日々になります。

 

第三領域は、つまりしょうもないことがたくさん降り掛かってくる状況です。

常に周りに振り回される状態ですね。とうのも、緊急性があるから重要だと勘違いしやすいからです。

しかし、ほとんどが他者基準のタスクなので、自分へのリターンは少なく時間の浪費となりやすい。

 

第四領域はつまりゲームして食って寝て。仕事も満足にしません。

みたいな無責任かつ社会の優しさに依存した状態です。

 

では、第二領域はどうなのでしょう。

 

緊急度は低いが重要度は高いもの。

皆さんは何が思い浮かびますか?

 

例えば、運動習慣です。健康維持にも欠かせないですし、適度な運動は頭の動きを良くするという研究成果もあります。

他には英語学習や自分の仕事に関連する知識などの、自己学習・自己研鑽があります。

 

しかし、この第二領域は重要ではあっても緊急性は低いので、なくても何とか日々を生きられてしまいます。

言い換えれば、「やったほうがいいのは分かっているけど、やれてないこと」と言えます。

 

この第二領域に駆ける時間を増やせるかどうかが、自立した常態か依存した常態かの境界と言えるでしょう。

 

日々を彩ってくれるのは、緊急ではないが重要なことです。

まずは30分早く起きて、散歩や読書をする時間を毎日確保してみてはどうでしょうか。

 

終わりに

 

自分の生活習慣も踏まえた上で、7つの習慣の前半3つを紹介してみました。

 

文字にすると簡単に思えますが、いざ行動するととても大変なことがわかると思います。

 

自分自身、朝の4時に起きて色々やるもの、頭おかしいと持っていましたし、周囲からは今でも頭おかしいと思われています。

 

ですが、仕事が残業で遅くなっても、お出かけが長引いても、私はみなさんが一日をスタートする頃にはランニングも7kmは走っていますし、1時間は英語の勉強を済ませています。

 

他の人よりも1ターン多く毎日動いている。その事実は自分の成長につながると信じていますし、自己肯定感を与えてくれます。

 

まずは少しずつでも、7つの習慣のうち最初の3つを取り入れてみてください。

 

では、また会いましょう。

【本紹介】新・観光立国論

こんばんは。マカロンです。

最近、男性で腹筋割ってない人って何か理由あるのかな?と思っています。

 

今回紹介する本は、

 デービッド・アトキンソンの『新・観光立国論』です。

 

このデービットさんですが、最近だと菅内閣の成長戦略会議の議員にえらばれています。

なので、名前を知っている方も多い方と思います。

 

 

この本はですね、ふと沼津や地方の観光地の今後を考えて手にとった本なんです。

沼津ってAqoursが去った後どうなるのかな…って、ふと不安になったんですよね。

ラブライブはいつでも学びを僕たちにくれる。

それに、有名所の京都などが世界からはどう写っているのかが気になったんですよね。

 

というのも、寺や神社って見ても面白くなくねえか?という気持ちがあったんですよ私。

しかし、欧州の人たちはそういった宗教建築や、地方国家の文化に強い興味を持っているらしいんですよね。

 

そんな個人的な疑問から始まったんですが、

この本めちゃくちゃ勉強になる考え方が詰まっているので、いろいろな方におすすめの本です。

では紹介行きましょう。

 

 

 

日本のウリと世界との感覚のズレ

まず話の前提条件として、この本のデータは2013年〜2015年のものが使われていますので、現在とは違う部分も多々あります。

この本のデータでは、日本は国際観光客到着者数ランキングで世界26位。国際観光収入ランキングでは21位でした。

先進国の中では再開に近い順位です。

 

日本はおもてなしを売りにしています。

滝川クリステルのせいで印象つけられたが、世界から見ると非常にシュールらしいんですよね。まあ…日本人から見てもそうですよね。

 

皆さん、おもてなしを受けるためだけに高い渡航費用や滞在費を払います?

私は払わないかなーと。まあ世界を旅し終えた人ならば、そう考える人もいそうですが。

 

本の中では、おもてなしはあくまで副菜。メインは歴史的名所や伝統的な体験、食事などであるべきだと書かれていました。

 

日本人の推す自国の強みはマナーや礼儀正しさ、治安の良さ、正確な公共交通機関らしいが、観光客目線だとどれも的外れだよね、と。

強みというのは、「そのために来たい」と思われるものではいけないんだと。

 

確かにそのとおりですよね。

観光先の電車のダイヤが、超正確である必要ないですよね。

日本人が推すポイントって、日本に住んで日常を生きる人が助かるポイントなんです。

だから、日本に住んでる外国人の日本の評価は高い印象を受けますよね。

 

やっぱり、あの国はマナーが徹底されてるから行こうぜ!

とは間違ってもならないと思います。

治安なんて日本に比べたらどこも悪いですよね。

でも、スリが多いヨーロッパは観光大国です。パリとかミラノとかえげつない人気じゃないですか。

でも、治安は日本より悪いですよ。私の友達のお兄さんはイタリアで財布盗られてるけど、旅行はしっかり楽しんでいました。

 

 

価値観が押し付けがましい

 

デービット、有名な料亭に行ったらしいです。

事前に箸が使えると言ってあるのに、外人というだけで箸が用意されていなかったそうです。

それに、正座もできるのにわざわざ勝手に座椅子までセットされたと。

 

こういった気遣いの押しつけは、おもてなしの本質を全く捉えていないんですよ。

箸や正座なども含めて日本流。そこまで楽しみたい人がいるんです。

日本人のこういう押し付けがましさは確かに随所にあると思う。

 

挙げるとしたら医療が特にそうかも知れないとおもいます。

中でも我々薬剤師ですよね。

 

患者の大多数は早く薬をもらって帰りたいと思います。

入念な監査や毎度同じような長ったるい説明で相手の時間を奪うのは、エゴじゃないかと思う場面があります。

 

一方で、しっかり話を聞いて欲しい人もいます。

常に相手のニーズに応えるフレキシブルさこそが、真のおもてなしかと思います。

 

内容を踏まえて

自分たちの考えるアピールポイントが、本当に世間のニーズに合っているのか。

それはかなり本質的なイシューと言えると思います。

 

薬局のサービスの向上を目指すとした時、それは本当に顧客の求めるニーズと一致するでしょうか。

 

きめ細かい説明やアフターサービスも重要かもしれませんが、一番は

「早く正確に」

に尽きると思います。

 

全ては、根本的なニーズを満たしてからです。

 

日本という国の観光も、メインである歴史的名所や伝統的な体験、食事などの提供の質を高めきった上で、おもてなしや治安の良さなどが活きてくるのではないでしょうか。

 

まずは当たり前のことを当たり前にやる。

それが難しいのですが、難しいからこその最優先事項ということですね。

 

では、今回の本紹介はこのへんで。

また会いましょう。

【本紹介】イシューからはじめよ

こんにちは。マカロンです。

ガーリックライスを食べたいがためにステーキを食べるところって、ありますよね。

 

本日紹介する本は、

言わずとしれた「シン・ニホン」の安宅先生の本。

(シン・ニホンもそのうち紹介します。)

何してるのか最早よくわからない、あの落合陽一も読んでる名作。

 

イシューからはじめよー知的生産の「シンプルな本質」です。

クリエイティブな作業をするならば必読。

クリエイティブな作業をしてなくても、知っていたほうがいい考え方を提示してくれています。

多分タイトルだけなら聞いたことある人多いんじゃないかな〜

 

で、まずイシューとはなんぞや?となりますよね。

イシュー-issue-にはいろいろな意味がありますけど、今回は「問題」という意味が近いです。

 

 

概要

簡単な内容を最初に話すと、

 

世の中にある問題のうちに、本質的に取り組まねばいけない問題(イシュー)は100個あればそのうちの2〜3個である。

ということです。

 

ここで、数を打って結果を出そうとするのは『犬の道』。

いわゆる愚者の道と安宅さんは言っています。

 

97個問題をこなすのではなく、本質的な2〜3個を見極めて片付ける

そうすることで、時間を削減できて生産性も上がる。

シンプルな本質とは、まさにここです。

 

常に問題はたくさん生じる。

だったら全てに向き合ってはいけない。

解決することで、より大きな成果を生み出す問題にだけ注力しなさい。

ということです。

 

一方で、犬の道で結果を出してしまうと、どうなるか。

とにかく数が多くて疲弊する。片付かない。その割に成果が出ない。

自分の後輩にも犬の道のやり方を教えるしかできなくなる。

結果としてリーダーとしての素質が落ちる。

成功していくならば犬の道は絶対に駄目。

 

ここまでだと、少し抽象的すぎるので、具体的に考えてみましょう。

薬物犯罪を例にあげます。

 

例1

巷で大麻の流通が盛んになってきました。

とにかく大麻事件の数を減らしたい。

 

この問題のイシューは「大麻事件の数を減らす」です。

ここでイシューの設定を間違って、「大麻事件の犯人を捕まえる」

とかにしてしまうと問題です。

 

後者がまさに『犬の道』で、末端の大麻使用者をバンバン張り込んで捕まえていくことになります。

当然流行っているので件数が多く、人でも必要になります。

でも、流通させている人間は特に捕まっていないので、なかなか事件は収束に向かいません。

 

逆に前者だとどうなるか。

事件の数を減らすことが目標なので、手段としては2つ考えられます。

 

①取り締まるのを諦めて他の事件に注力する。

②流通させている大元を捕らえる。

 

①は論外なので、②を選びます。

 犬の道では、一見取締件数は増えていますが大麻の流通は止まりません。

一方で、最初から大元を捕らえに行けば、その後の流通は起こりません。

 

結果として、大麻事件の件数は減る方向に向かいます。

 

「イシューから始める」とはつまり

・具体と抽象の行き来

・マクロ(大麻の流通網)とミクロ(大麻の末端使用者)の行き来

と言い換えることも出来るでしょう。

 

例2

薬局業務であれば、待ち時間を例に挙げましょう。

 

単に待ち時間を減らすだけならば

・薬歴を書かずに投薬する

・投薬者の人数を増やす

などが考えられます。

 

しかし、それでは残業が増えますし、人件費もかかります。

結果的に負担のしわ寄せが別の場所に行くだけです。

 

となると、

 

・薬局にくる人の流れをある程度制御する。

・「時間を待つ」のではなく「時間を利用してもらう」

 

等、別の根本的なアイデアが生まれてきます。

 

小手先の問題解決ではなく、中長期的な根本解決に繋がる問題が「イシュー」といえるでしょう。

 

取り組み方

 

いやーでも、はっきりいって難しいですよね。

一朝一夕では無理です。なので少しコツや補足説明をします。

 

重要な核となる問題(イシュー)を見極めるにはどうするか。

シンプルです。最初は難しいから上司に聞きましょう。

『この中で核となる問題はなんですか?』等。

 

聞くのはすぐ上の上司がいいと思います。

視点を高めすぎても意味ないので。

身も蓋もない言い方しますけど、下の人間が考えていることなんて、上の人達はとっくに考えていますから。

少し上の目線くらいで考えるのが身の丈にあっていますし、成果に繋がりやすいと思います。

 

取り組むときには「ときやすさ」や「とりくみやすさ」ではなく、あくまで『イシュー度』が高いものから取り組みましょう。

「良質なイシューの3条件」というものが本のなかで提示されています。

 

①本質的な選択肢である

②深い仮説がある

③答えを出せる

 

逆に言えば上記の3つに当てはまらないものは、イマイチにイシューと言えますね。

 

仕事以外でも応用できます。

会議や研究の最中に難航した場合は、そもそも「なんのための会議なのか」にしっかり立ち返る。

常に何を目的とするのか・何に答えを出すのかを考える。

これを意識するようにしましょう。

 

終わりに

本の内容というよりは、具体的なアクションに落とし込んで書いてみました。

最悪、本自体読まなくてもいいのかなと。

このブログ読んでくれればだいたいOK!を目指しました。

 

実際読むとなると、この本時間かかりますしね。

内容も高度になっていったりするので、まずはこのブログレベルでほとんどの人は足りるかな〜と思います。

 

ですが、私自身読み直す機会や参考にする機会が多い本ではあるので、買って損はないと自信を持っていえます。

 

では、このへんで。良い読書ライフを。

 

【報告】読んだ本の紹介始めます

皆さんお久しぶりです。

カロンです。もう覚えていないでしょう。4ヶ月近くブログサボってました。

 

新年度ということで、今年は趣味の読書にちなんで読んだ本の紹介をしていきたいと思います。

 

大体私はいまのところ月に10冊前後の本を読んでいます。

ですが、読んだ本をアウトプットする場がないのでせっかくの読書の効果が存分に得られない悩みを持っていました。

 

いわば本紹介は私のエゴ。価値観の押しつけにほかなりません。

 

しかし、

 

・読書したほうが良いのはわかるが何を読んだらいいかわからない

・読書苦手、好きじゃない

 

といったひとが、少しでも読書に興味が持てる内容にしていけたらいいと思っています。

私の価値観に染まれ。

 

今日のブログでは、本紹介の前段階として私の読書観・読書遍歴、読書のコツなどを紹介していきたいと思います。

 

では、さっそくいってみましょう。

 

目次

 

・読書遍歴①〜幼い頃〜

小さい頃から読書は好きだったんですよね。物語がメインですけど。

小学生の頃は図書館で「かいぞくポケット」を狂ったように読みましたよ。

おとなになった今、「かいぞくポケット読んでた?」って人に聞いても誰も知りませんけど。

もしかして私にだけ見えてた本?

 

中学では、そりゃあもうハルヒフルメタのせいでラノベ漬けでした。

ゼロの使い魔ってどうなったんですかね?

 

高校生の頃は海外ミステリーとかを読み漁ってましたね。特にアガサ・クリスティが好きでした。それと化物語などの物語シリーズ好きでしたね。というより西尾維新

 

大学では銀河英雄伝説にドハマリしました。

帝国の双璧が好きすぎて好きすぎて……

あと森見登美彦にハマる過程も薬理Ⅰくらい必修。

 

上記の通り、社会人になるまで

 

読書=小説

 

だったんですよね。

今も小説も読みますが、ビジネス本とか教養関係が増えました。

 

・読書遍歴②〜社会人1年目〜

なぜビジネス本などを読む機会が増えたのか。

それは麻取時代の無力感です。

 

麻取ってめちゃくちゃ幅広い知識いるんですよね。

服や時計のブランドもそうだし、暴力団の勢力図みたいな裏社会知識も必要です。

あとはダークウェブなどのIT知識も必要ですし、解析に強いハード機器メーカーとかも知ってなきゃいけませんでした。

 

薬に手を出すひとが多い水商売の方々も、客の話に合わせるために新聞は読むわ、雑誌は読むわで知識の鮮度と量と幅がえげつないんです。

 

取り締まる側の私たちが無知だと舐められるんですよね。

 

あと、密売する人たちはお金が絡むことに詳しかったりするので、海外の証券口座に大金預けて高利率で増やすみたいなこと当たり前にやってるわけです。

 

でも、忙しくてわたしに読書の時間はなかったです。

しっかり読書を始めるのは薬剤師になってからですね。

時間と心とお金に余裕ができてからです。

 

・読書遍歴③〜社会人2年目以降〜

ここで読書に目覚めます。

きっかけは確か「7つの習慣」でした。

 

 やっぱり世界的なベストセラーで、「読む気なくても名前は知ってる」ものくらいは読もうと思いました。

この本で生活が変わります。

「主体的であろう」と思うようになりました。

 

そして、改めて自分の視野と知識の浅さに絶望したんですよね。

多分この頃BATHとか聞いてもお風呂以外思いつきませんでした。

 

正直自分は受験勉強も満足にしなかったし、就活も適当にジョーカー・ゲームキングスマンPSYCHO-PASSにハマって「かっけえ!スパイやりてえ!潜入捜査?厚生省で警察?マトリじゃん!」といった流れで麻取にはいっていたので、世間知らず過ぎました。

 

その遅れを取り戻そうと、必死に読書に打ち込み始めたわけです。

その打ち込み具合は、今後の本紹介ブログ記事で知っていってほしいと思います。

・読書のコツ①道具

はい、まずはKindleを買ってください。別に楽天koboでも良いです。

ちなみに楽天koboって元はカナダの会社で、楽天に買収されたんですよ。

はい、どうでも良かったですね。koboはbookのアナグラムになっているんですよ。

 

Kindle Paperwhite 防水機能搭載 wifi 32GB ブラック 電子書籍リーダー

Kindle Paperwhite 防水機能搭載 wifi 32GB ブラック 電子書籍リーダー

  • 発売日: 2018/11/07
  • メディア: エレクトロニクス
 

 漫画もガッツリ読みたい人は32GBが良いと思います。

漫画は紙って人は8GBでも十分ですけど、差額を考えたら32で良いでしょう。

ちなみに私は100冊くらい本が入っていますが、残り26GBくらいあります。

f:id:makaron_rainbow:20210413211418j:plain

私のKindleの容量残りです

広告は「広告が好き、愛してる」って人以外は広告なしを選びましょう。

購入時に2000円上乗せで永久に広告なしですよ?YouTube聞いてるか。お前はAmazonを見習え。

 

少し高いんですけど、スマートホンよりも目に優しいので夜もおすすめ。

安売りまではスマホKindleアプリで繋いで、安売りきたら買えば良いのでは。

個人的には安売り待たずに買う価値ある。

 

・読書のコツ②悪いことは言わんから電子書籍にしろ

今の時代基本的に電子書籍一択です。

 

紙の質感が好き。紙をめくる所作、音。紙の匂い。

それらに思いを馳せることの出来るガチな読書好きというより本好き以外は電子です。

 

私が紙の本を買うのは、電子書籍がない時だけです。

後は漫画。漫画はズラッと本に並んでる様がいいですよね。

 

紙の本のメリットって基本的に皆無です。

 

紙のかさばることかさばること……

週に1冊読んだら1年で48冊。

文庫ならまだしも、旬の本を買って読んだら直ぐに本棚の増築を余儀なくされます。

内容も同じで、なんなら安い。「彼方のアストラ」でも紙の本は消えてた。紙なんていらないんや。

 

 

彼方のアストラ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
 

 

 

「読み終わったら売れる」とかいう人いますけど、その時間がもったいない。

社会人なら時給換算で軽く見積もって2000円程度はもらっているわけです。

読んだ本をメルカリに出品。売れたら梱包と発送。

それで得られる金は?その時間に本読んだり勉強すれば?っていう。

まだブックオフにこっそり全部並べて帰るほうが賢いです。

 

貸し借りできないのは不便だな〜って今でもたまに思うことありますけど、

借りても貸しても、手元にないと読み返したり参考にしたいときに困るんですよね。

いい本は買っておきましょう。電子書籍なら、電子書籍リーダーからもスマホからもPCからも、アマゾンアカウントがあればすぐに読めます。

 

検索もしやすいです。

ワード入れれば該当箇所に飛んでくれるし、マーカーも引きやすいし引き放題です。

紙の本でやったらマーカーのインクでふやけて雨上がりみたいになります。

 

そして、なにより読みやすい。

ハードカバーも文庫も、Kindleの前ではただのデータ。

紙をめくらなくても画面タッチで次のページに行きます。

ハードカバーも片手でも楽々読める。本読むより本読みやすい。これだけでも価値がある。

 

・読書のコツ③ぜんぶ読まない

難しい本とか、読んでてつまんない本を無理やり読もうとする人います。

買ったから読まなきゃもったいない精神なんでしょうね。

 

からしたら、その精神を持ち続けるほうがもったいない。

読める本をガンガン読めや!!!

 

私のおすすめ書籍で「シン・ニホン」という本があります。

 

 読み終わった後にめちゃくちゃ熱い気持ちと焦燥感に駆られるんですよね。

しかし…内容が難しい……脚注多すぎ……

 

半分でくじけました。

 

でも、そこから半年くらい色々な本を読んでから再挑戦したら読めたんですよね。

多分難しい本って、

 

①本当に自分に合わない

②まだ自分には早い

 

の2種類なんですよね。

 

なので、ちょっと読みにくいと思ったら脇においておきましょう。

まあ電子データだから脇に置くという概念はないですが。

 

ちなみにシン・ニホンは脚注が多すぎて読みにくいので紙で書い直しました。

紙の本って読みやすい……!

 

あと、ぜんぶ読まなくてもいいってことですね。

誰かに内容のテストを課されるわけではないので、自分に必要な部分だけ読めばいいと思います。

Netflixの「NO RULES」という本があります。

 

 内容は面白いんです。

けど、中身が経営者とか管理者向けの本なので、私にはまだ早いと3割だけ読んで止めてます。

 

自分に必要な知識を必要な分だけ学んだら、それだけでも元は十分に取れると思います。

 

・読書のコツ④誰かにプレゼンするつもりで読む

これは…ありとあらゆる本で書かれている勉強のコツですね。

 

自分一人で咀嚼しようとしても辛いんですよね。

なので、読んでいてオモシロイと思ったことや、興味を持ったことを人に話すつもりで読みましょう。

というか、実際に人に話しましょう。

 

その「アウトプット前提の読書」と「実際のアウトプット」が理解を深めてくれます。

それに、人に話すのって慣れると結構楽しいです。

 

お互いに読んだ本の紹介をし合える読書仲間とか作れるといいですよね。

「そんな相手いないよ><」という人。

 

私がいますよ?

 

終わりに

長々と書いてきました。

色々と書きましたが、結局は読書を楽しめるかどうかです。

私は読書が好きなので、こういう内容のブログは書いていて楽しいです。

 

逆に言えば、楽しくないことは続かないし派生していかないんですよね。

なので、私のブログでは

・読書好きはシンプルに他の人の意見をしれて楽しめる

・読書苦手な人はベストセラーを読んだ気になれる

と、読書を楽しめる人も楽しめない人も、どちらにも有益な内容にできればと思います。

 

では、今年度もよろしくおねがいします。

質問や問い合せあれば気軽にどうぞ!

 

Twitter:@MakaronRainbow

書評【NOT DOING, BUT BEING 「在宅訪問薬剤師」奮闘記】

こんにちは。虹色マカロンです。

今回は書評を書かせていただきます。

 

紹介するのは12月の21日に発売されたこの本です。

 

 

日本調剤株式会社の在宅訪問薬剤師達の社内ブログの内容をまとめた本です。

 

大手の薬局チェーンがこのような本を社内向け以外に出すのは珍しいように感じます。

 

内容としては、ブログの内容を元に、ブログの著者へのインタビューを加えて書籍用に書き直したものとなっています。

 

タイトルの英語は、イギリスの医師で緩和医療の礎を築いたデーム・シシリー・ソンダースの言葉で、日本語にすると

「何をするでもなく、ただそばにいること」

となるそうです。

この真意の捉え方は人それぞれかと思います。答えは一つではないのでしょう。

 

この本には全部で12の在宅訪問薬剤師のストーリーが載っています。

どれも考えさせられる内容ばかりです。

 

結論から言うと、全薬剤師が今すぐこのブログを閉じてAmazonでポチって読むべきだと思うレベルに良い本でした。

 

在宅訪問薬剤師のノウハウを学ぶと言うよりも、薬剤師としての根本的な自分の姿勢を見直す良い機会になりました。

 

印象に残った話を幾つかピックアップします。

それぞれに、私なりに感じ取ったテーマ・教訓を書いています。

読む人によって変わってくると思うので、参考にしてください。

ネタバレすぎると申し訳ないので、それぞれかる〜く書いてます。

 

印象に残ったストーリー

 

 

ストーリー②避けられぬ後悔。終わりなき勉強。

 

老老介護のお話です。

この本のいいところは、美談だけではないところです。

このストーリーでは、認知が進み頑なに風呂に入らない・薬を飲まない・家ではオムツ1丁の旦那様と、それを支える認知の進んだ奥様の話です。

薬剤師として他の職種と連携しながら、服用回数の少ない薬に変更することを提案するなどして、徐々に旦那様のコンプライアンスを改善させていきます。

ずっと飲んでくれなかった薬も、少しでも飲んでくれたら『ありがとう』と声をかけていったそうです。

 

そういった薬剤師の地道な信頼構築により、良い方向に向かうかと思った矢先に、奥様の認知症のさらなる進行により夫婦で施設に移ることになりました。

 

担当薬剤師の方は、もっと何かできたのではと後悔をしたそうです。

 

私は、きっとどこまでやっても後悔の念は残るのだろうと思います。

人と人の関わりに絶対的な正解もゴールもない以上は、常にもっと何かできる余地が残るからです。

だからこそ我々医療従事者は一生勉強と言われるのでしょう。

では、次のストーリーを紹介します。

 

ストーリー⑩人の命の時間は不平等である

 

小児在宅の話です。

 

小児の在宅は、小さな命が明日にも、いや、今にも消えてしまうかもしれない緊張の元にあります。

私達が当たり前のようにくると思っている明日も、小児の患者様とそのご家族にとっては藁にもすがる思いで望む明日です。

当然、関わる担当薬剤師も常にそれが最後の訪問になるという覚悟が必要です。

 

健康な我々は、どんなに想像を働かせてもご家族の本当の気持ちの1%も理解できないかもしれません。

しかし、寄り添いたいと思う気持ちは必ず届くはずです。

 

明日消えるかもしれない命のために、貴方は何ができますか。

家族のために、どう寄り添いますか。

 

ストーリー⑪生き方に腹を括る

 

末期癌というと、緩和ケアのように緩やかに死にゆく中で、自分らしく生きてもらうことをイメージしますよね。

ですが、全員がそれを選ぶわけでは当然ありません。

このストーリーでは、旦那様の末期癌に対して、最期の最期まで全力で戦い、未来を思い描いた夫婦の姿が書かれています。

 

旦那様はもう助からないと、ありとあらゆる病院から匙を投げられました。

なので、保険適用外の民間療法やサプリメントにも懸命に手を伸ばしていました。

 

「助からない」と、訪問する薬剤師も思っています。

他の医療職種もみんな諦めて緩和ケアに入ってもらいたいと思う中で、夫婦は積極的に治療に臨みます。

いや、もうそれは他人から見たら治療ではなかったのかもしれません。

 

みんなが「もうゆっくり休んでくれ」と思う中で、夫婦は常に未来を思い描きます。

「治ったらどこにいこう」「何をしよう」と。

 

手術時に入れたステント交換に向かう際にも、奥様は笑顔で「すぐに帰ってきます!」と薬剤師に言ったそうです。

もう旦那様は話せないくらいに衰弱していたにもかかわらず笑顔を貫いたんです。

薬剤師はただ一言、「待っています」と答えました。

治ることはない。ただ、懸命に戦う2人に一つ願いを込めたのでしょう。「帰ってきてくれるだけでいい。それ以上は望まない」と。

 

退院は伸びに伸びました。肺炎や脳転移と、悪化の一途をたどっていました。

医師も車に同乗しての退院。

その翌日に逝去したそうです。

 

最期の顔は、豪快に笑った顔でした。

奥様は「ふたりとも達成感でいっぱいです」と語ったそうです。

自分の人生・死に方に腹を括ったからこそ最期まで辛い治療を耐え抜けたのでしょう。

奥様も、そんな強い旦那さまだからこそ、最期まで一緒に戦い抜けたのではないでしょうか。

 

どんな死に方であっても、自分の軸を持っていなければ、笑って死ぬことなんてできないでしょう。

穏やかな最期や、静かな最期が全てではないのです。

とことん駆け抜ける最期を選んだ人を支えることも、また一つの医療なのではないでしょうか。

 

ストーリー⑫ 一人ひとりに人生がある

 

ストーリー⑫はある意味ストーリ⑪と対を成すかもしれません。

 

家で死にたいと願った亭主関白な旦那さまと、古風な日本女性夫婦のストーリーです。

 

旦那様は無理を言って退院し、自分の人生の最期を自宅で奥様とともに過ごし迎えることを選びました。

ただ亭主関白。日に日に衰えながらも奥様にあれこれ命令口調で指示を出す日々です。

訪問薬剤師は「これが長年連れ添った夫婦の姿なのか」と思ったそうです。

 

ただ、旦那さまの最期は1週間で訪れました。

残薬回収に向かった薬剤師は、奥様から思いもよらぬ言葉を聞きます。

 

「本人は望み通り自宅で最期を迎えられてよかったでしょう。でも退院してからの1周間は私にとっては地獄のような日々でした。もう、こちらが死にたいとおもったし、2度とこんな日々は過ごしたくありません」

 

と。奥様の目からは涙が止まらなかったそうです。

その言葉には色々な感情が含まれているのでしょう。

それは、最後まで夫のために、自分を殺して過ごす日々についてかもしれません。

長年寄り添った最愛の人が弱っていくところを誰よりも側で見る苦しさかもしれません。

 

人生最期のワガママの裏では、それを叶えるために自分を追い込んで尽くす人がいるのです。

尽くして尽くして尽くして、亡くなったときに悲しまれる人もいれば、逆にホッとされる人もいるでしょう。

そのどちらもある事だって少なくありません。

あなたのために無償の愛を尽くしてくれるその人も、また無償の愛を尽くされたい一人の人間だということを忘れてはいけません。

 

本を読んで

読んだあとに考えたことは、ほんのタイトルにもある

NOT DOING, BUT BEING 

についてです。私の解釈はこうです。

 

「人と人は結局は他人。だからこそ理解に徹して寄り添うことしかできない」

 

ちょっと冷たい言い方かもしれませんが、結局他人は他人なんです。

だから他人の決定に私達が口を出す権利なんてないんですよね。

 

でも、その中で他人である私達にできることは、相手の理解に徹することです。

完璧には理解はできないかもしれません。なんでそんな辛い道を行くのかと思うこともあるかもしれません。

 

ですが、その道を選んだ相手のことを認めて受け入れ、「理解しようとする」ことはできるはずです。

 

「自分の決めた道を認めてくれる人がいる」というのは、大きな励みになるはずです。

受け入れて認めるだけで、あなたは誰かの力になれるんです。

まさに、「何をするでもなく、ただそばにいること」をすればいいのです。

 

薬剤師だけでなく、医療業界も大きな転換期の真っ最中です。

ITの急速な導入で、「薬剤師業界に革命を起こしたい」という人SNSでよく見ます。

私もその一人ですし、バリバリそういう気持ちでいます。

 

ですが、医療人としての根本は変わってはいけないと思います。

あなたの思い描く未来は、誰のために描かれているでしょう。

 

ざっと見ていると、医療業界はあまりにも「自分たちファースト」な気がします。

医療を望む人たちが、医療に何を望んでいるのかを、今一度考えてみるべきだと感じました。

もちろん、私も含めて。

 

お知らせ

 

最期にお知らせです。

仲間と一緒に「感謝代行サービス」というサービスをはじめました。

 

大切な人への感謝を伝える人をサポートするサービスです。

手紙の内容の添削や本文案作成。プレゼント選び代行。イベントセッティング。感謝のビデオレター作成などを請け負います。

 

いまなら無料モニターを10名様まで募集していますので、気軽に相談ください。

下記のTwitterのDMでお問い合わせください。

 

Twitter

twitter.com

 

ではまた。皆様お元気で!

知識?それよりタイピングだろ!

おはようございますマカロンです。

 

昨日は日課のランニングについてですが、今日は日課のタイピング練習についてです。

結論から言って、公務員も薬剤師もタイピングできないと終わってますよ

……いや、社会人始まってもいない。終わることすらできません

 

公安系公務員ならストレス耐性とか忍耐強さとかも大事ですけど、仕事で一番触るのはパソコンですし、一番多い仕事も書類作成です。

 

薬剤師も薬の知識めっちゃ大事ですけど、仕事で一番触る道具はパソコンですし、音声入力が導入されていない職場やPCもありますよね?

 

薬歴、いつまで指2本で打ってるんですか?

 

もうね、はっきり言ってブラインドタッチもできない上に寿司打高級コースで得もできない人は仕事が遅い人の文句を言う資格ゼロですよ。

だってあなたの仕事が一番遅いんだから。

 

私の今のタイピング速度はこんな感じです。

f:id:makaron_rainbow:20201209084748j:plainf:id:makaron_rainbow:20201209084812j:plain


もっと早い人なんて腐るほどいます。

私はタイピング会系のビギナー。

CP9でいえば『海イタチのネロ』です。

というわけで、私のタイピング練習のやりかたを紹介していきます。

 

 

・キーの位置を覚える

読んだとおりです。キーの配置を覚えましょう。

最低限数字まで。もう少し頑張ることができれば、。・;:@ーなどの記号。

地元じゃ負け知らずになるならAlt,control,shiftキーもブラインドでいけるようになりましょう。

 

「おぼえるのがたいへんなんだよ!!」

 

って思いますよね。

 

……知っとるわ!!!!

だからほら、これやってください。一心不乱に。

www.typingclub.com

これをステージ274までやれば数字までキーの位置を段階を踏んで覚えられます。

頭使わなくていいです。とにかくこれをステージ274まで進めてください。

途方も無い数字に思えますが、黙々とやってれば1ヶ月もしないで終わります。

 

このtypingclubのいいところは、

f:id:makaron_rainbow:20201209085656p:plain

といった感じで画面にどの指で押せばいいかのガイドが出ます。

これが重要です。

 

ブラインドタッチ練習で大事なのは、

ホームポジション(指の定位置)を体に刻みつける 

・絶対にキーボードを見ない

の二点です。

これは絶対です。

ホームポジションを守らないと成長に限界が来ます。一定ラインから伸びなくなります。ホームポジションは先人たちが編み出した最適解なんです。ブラインドタッチもできない雑魚がオリジナリティを出すとか論外です。

新人がカルボシステインシロップを水剤瓶にダイレクトで注ぎ始めたらブチギレますよね?

新人捜査官がいきなり張り込み対象の家のインターホンならして留守か確認したらブチギレますよね?

そういうことです。

 

それとキーボードを見ないについてですが、最初は辛いと思います。

でもブラインドタッチと非ブラインドタッチは膝コロと立ちコロくらいの違いがあります。

膝コロだけでは立ちコロはできるようになりませんよね?

つまり、そういうことです。

 

・位置を覚えたら実践あるのみ

typingclubの欠点は、英語のタイピングしかないことです。

英語圏の人はそのままでいいんですけど、日本語圏の我々は日本語の練習がいります。

それにおすすめなのが、この2つです。

www.e-typing.ne.jp

typingx0.net

どちらも有名なタイピングサイトですね。

私はいつもこの2つを練習に使っています。

e-typing

1つ目のe-typingは週替りのお題でタイピング速度を競うランキングがあります。

ぜひ無料登録してランキングに参加しましょう。

 

無料登録すると、自分のカルテが見られるようになります。

f:id:makaron_rainbow:20201209090659p:plain

点数の推移や、苦手な指などの情報を勝手にまとめてくれます。これがすごい便利!

e-typingは正確性をめちゃくちゃ要求されます。

正確に打つのは大事です。最初はスピードとかどうでもいいです。

正解率98%を切らないようにだけ打って練習してください。

それを繰り返せば、勝手にスピードがついてきます。

 

・寿司打

シンプルなタイピングwebアプリです。

制限時間制で間違えずに打つと時間がプラスされていくシステムです。

マイナスはなし。画面はこんな感じ。

f:id:makaron_rainbow:20201209091111p:plain

ただ、めちゃくちゃ急かされるからe-typingに比べて正確性が落ちますので、何度もやるのはおすすめしません。

練習の仕上げの力試しにやりましょう。

ちなみに各コースでノルマに達しないとランキングにすら入れてくれません。

目標は寿司打の高級コースで得をするレベルです。

1度のクリアではなく、どんなに寝不足でも得をできるレベルに引き上げましょう。

・マイタイピング

typing.twi1.me

番外編的おすすめ練習サイトはこちら。

うん、ひよこが可愛いですね。

こちらはみんなで作るタイピング練習って感じで、有志が集っていろんな練習メニューを作っています。

「人差し指だけ」とか、「左手小指練習」とかですね。

私が好きなのは歌詞タイピングです。

曲の歌詞もたくさんメニューに有るので、息抜きに楽曲を流しながらその曲のタイピングをしたりします。

タイピング練習は楽しんでやりましょう。

 

・まとめ

 

ここまで読んでくれた方、ありがとうございます。

タイピング練習のサイトは色々ありますし、練習法紹介もたくさんあります。

でもね、調べてばかりじゃタイピングはできるようになりません。

調べてる時間があれば、今日私が紹介したサイトで言われたとおりに練習しましょう。

ブラインドタッチそのものは、毎日30分練習すれば3週間くらいで習得できます。スピードはその後ですけどね。

 

社会人としてタイピングはどの仕事についても使う必須スキルです。

どの現場でも活きます。習得しないことのメリットがないので習得してください。

ブラインドタッチできないとか、国家試験通ってないのと同じです。

 

毎日30分の練習時間も取れないって人は、生活習慣や仕事の仕方を見直してください。

社会人の必須スキルを身につける時間を作ることすらできないって、ビジネスマンとしてやばいです。

 

とはいっても、私もまだまだです。

定期的に練習の経過をあげていきますので、一緒に頑張りましょうね。

走るなら文字通り毎日走れ!!

こんばんは。虹色マカロンです。

 

今日から本格的に記事を書いていこうと思います。

最初に取り上げたい内容は、私の日課であるランニングとトレーニングについてです。

 

 

何をしてるの? 

私、文字通り2020年は毎日走っています。

                                    f:id:makaron_rainbow:20201208211548p:plain

こんな感じです。

正直に言うと、1月に2回サボってます。

一回は正月の雨の日にエアロバイク40分でごまかしました。

もう一回は1月27日。ディズニーに行ったんですけど、雨で寒くて家に帰ったあと走るの諦めました。

逆に言えば、その2つ以外は休み無しです。

 

筋トレは仕事が休みの日だけ。今は水曜日と日曜日ですね。

 

なんで始めたの? 

 

シンプルに太りました。前職時代に食生活が乱れ、転職1年目も乱れたままで体重が80kgになりました。探したけど写真なかったです。多分現実を見たくなくて撮らなかったのでしょう。

もうね、就活にミスって仕方なく相撲部屋に入った新弟子って感じでした。

 

太ると本当にメリットないですよね。服は全部着られなくなるし、太った体に合わせて買ったズボンも全部はけなくなるし。

 

大学は陸上部に入っていたので、体力だけはあるデブと化しました。

決めましたよ。

「走るぞ」

、とね。

 

どう始めたの?

 

大学時代のランニングシューズを引っ張り出し、大学時代から使っていたスポーツウェアを着用する。

初期費用0円です。

ランニングシューズは有名メーカーの底が厚いやつを買えばいいと思います。

足にさえ合えば靴とかどうでもいいです。

陸上部の私が言うから間違いない。靴で悩んでる暇がもったいないし。

ウェアも適当な運動着でいいです。ランニングウェアとかいらないです。

走ってて欲しくなったら買えばいいんじゃん?程度です。

 

私も陸上部時代は中学高校のバスケットパンツと適当なポリエステルTシャツで走ってました。

ウェアにかけた金はユニフォーム代だけです。十分早く走れるようになりました。

 

次に用意するのはランニングの記録用のアプリです。

私は

adidas Running ランニング&ウォーキング

adidas Running ランニング&ウォーキング

  • adidas
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

apps.apple.com

これです。

もともとRuntasticというアプリ名だったけど、だらけてるうちに名前変わってました。

 

他のアプリ使ったことないけど、上記の画像のように目標設定や走行記録が残せるので便利です。以下の画像は日々の計測記録例。

                               f:id:makaron_rainbow:20201208213422p:plainf:id:makaron_rainbow:20201208213625p:plain

こんな感じで毎回の記録は十分な内容が残せます。

ペース平均と1kmごとのペースが出せれば十分でしょう。

走ったコースの地図も出ます。

今回のは6km程度なので大したことないですけど、12km以上走ると地図の縮図がおかしくなってると突っ込まれるレベルの表示範囲になります。

 

どうやって続けるの?

 

毎日走ってるというと「すごいね〜」と言われることがあります。

続けられてる理由は大きく3つですね。

①なにか極端な自己紹介例が欲しかった。

どういうことかというと、単に趣味がランニングですって終わるよりも、

「文字通り毎日走ってて今年のランニング回数は370回です笑」

みたいな方がインパクト強いじゃないですか。

ああ、頭いかれてんなって。

平凡から抜け出すには、何か一つ、極端な事例を自分で持ちたかったんですよね。

②他の人も巻き込む

年始めに母と恋人に

「毎日走った記録のスクショをラインで送るから!サボったらLINE Payで100円ずつ払う!スクショ送られてなかったら伝えて!」

と宣言しました。

自分で始めたことに自分で罰を設定したんです。

何より期待できるのが「『宿題済ませたの?』『いまやろうとしてたんだよ!』効果」ですね。

ほら、そう言われるとやる気なくなるしイライラしますよね。

イライラする前に自分でやるんです。

他人を誓約と制約にすることでより強固な継続意思につながるわけです。

これは、何やるにもオススメです。勉強とか。

③続けてるとサボりにくくなる 

3週間も続けると、サボるにサボれなくなります。

「ここでサボったら元の自分のままだよな……」

と自己嫌悪に陥るので。

なので、何が何でもサボらないことをおすすめします。

5分でもいいので走りましょう。勉強も同じです。

1ページでもいいから読みましょう。

0と1の差って本当に大きいです。

大学の試験も、再試験に1回でもなると自分に甘えが出ます。何が何でも0をキープです。

 

おすすめのランニング法は?

 

距離を決めるのもいいけど、個人的なおすすめは時間走です。

「毎日最低何分は走る!」と決めましょう。

私は30分で設定しています。

 

時間走の何がいいって、決めた時間の中ならダッシュしてもいいし、のんびり走ってもいいんですよ。

 

私も今日は6.2kmでしたけど、調子いいと30分で7kmくらい走ります。

だから気楽にできるんですよね。

走り出して調子いいと思えばペース上げればいいし、疲れが抜けてないな〜って時にはジョギング程度にするんです。

毎日やるけど、無理はしないのが鉄則ですね。

 

まとめ

 

ランニングは膝に悪いとか、日中やると日焼けで肌に悪いとか言われてますが、

気楽に始めるスポーツとしてはおすすめです。

老若男女問わずできるし、早い人が遅い人に合わせれば、誰とでも楽しく一緒にできるスポーツです。

毎日走れば調子がいい日と悪い日がはっきりするので、自分の体のチューニングにもなります。

デメリットもたしかにありますが、メリットもとても多いです。

 

日々のランニングやトレーニングについては、今後もブログにしていきます。

ダイエットにフォーカスした記事も書いていきたいですね。

 

では今回はこのへんで。みなさんもゆっくり休んで明日も頑張りましょう。